会社案内

お問い合わせ

    お客様の声

    Ms. MURATA

    急なお話にも関わらず親身な対応で希望通りのお家をいくつもせて下さり、お気にりのお家に巡り合う事ができました。東南アジアあるあるの押売、営業等を考えると、やはり現地に住む日本人にお願いできるのがとても強かったです。担当して下さった日本人タッフのはローカル企業に勤め現地情報にも強く、日本語での接客を受けられてとても安心できました 

    Ms. Uehara

    息子の学校の為に移住を決め、海外で生活した事のない私には、土地勘もなければ言葉、文化の違い、色々な不安がありましたが、内覧中も借りる⽴場になってアドバイスを頂き、大変満足のいく住居を探す事ができました。スタッフの方からの「気持ち良く住んで頂きたいので何でも相談して下さいね」という言葉は今でも忘れません。私と子供だけの不安いっぱいの生活でしたが、住んでからのフォローも迅速に対応して下さり本当に感謝しています。

    Mr. Nohara

    あらかじめ調べて行ったどこのお家よりも素敵な家をご紹介頂きました。契約後のやりとりや、移住してからも住む立場になって色々教えて頂いたり、担当者さんの温かさが知り合いのいない土地での生活での安心になりました。一年以上経った今もサポートして頂いていて、本当に感謝しています。 

    Mr. Sato

    2017年にマレーシアジョホールバルでコンドミニアムを投資目的で購入しました。現地の不動産業者を全く知らず、ローカルの知り合いから紹介いただいた業者の方にテナントを探して貰いましたが、全く音沙汰がありませんでした。その後日本人を専門にした業者の方に同様にお願いしたところ、長期の賃貸は難しいと言われ、民泊での短期賃貸をお願いしましたがこちらもほとんど利用いただくこともなく、2018年には業者の方の事務所も閉鎖となりました。 

    2019年になり、自分でいろいろな業者の方々にアプローチしないと駄目だと思い、5社ほどのローカルの不動産業者の方々にお会いしました。ロイス不動産のキャロル社長にテナントを探せるかどうかをお聞きしたところ、それ程難しくはないとの返事で、これまでの経緯から半信半疑でしたが、すぐに日本人スタッフの藤原さんからコンタクトがあり、キッチンアイランド、バーチェアなどの設置をすれば想定以上の賃料で貸せるのではとアドバイスを頂きお願いしました。 

    その後2週間でテナントの方との契約、賃料も私が想定していた金額よりも1割以上高いものとなりました。2年間ほとんど使用していなかった為、水漏れや電気メーターの不具合などにも対応してもらい、また賃貸後もテナントの方とのWhatsppでのグループ連絡も設定してもらい、問題があればそちらで情報を共有して頂き対応頂いております。 

    これまで大変お世話になり、また特に日本人の方々でジョホールバルにコンドミニアムを購入し困っているような方やジョホールバルで賃貸物件を探している方がいらっしゃれば、ぜひロイス不動産を頼りにすれば良いと強くお勧めしたくレビュー致しました。 

    Mr. Yamamoto

    私は、2008年春にシンガポール移住、2018年の夏にシンガポールの物価の高さ・人口密度・ビザ問題などに疲れてしまい、思い切って家族でジョホールバルに引っ越して来ました。そこから、家族はジョホールバル・私は週半分のペースでシンガポール事務所の往復生活(たまに宿泊)をしながらゴルフしたりしてゆったりした生活を送っています。ちなみに、シンガポールでの事業内容は、法人設立コンサル・IT事業・飲食店を行っておりましてリモートワークが出来るのも強みでした。そういえば、ジョホールバルはとても危険なところというのをシンガポール時代に植え付けさせられましたが、実際には夜飲みに行ったりもしていますが(Grab移動ですが)、危険な事件に遭遇したことは一度もありませんし見受けられません。とても安全です。 

    引っ越してから約2年が経ちましたが、家族を含めすっかりジョホールバルの生活に慣れて、今では何不自由なく快適に過ごしており、他国への移住は考えていません。むしろマレーシアでも法人を設立して、シンガポール事業を縮小して、雇用費が安価で優秀な人が獲得出来るマレーシアで新しい事業に挑戦することを企んでいます。 

    ここの魅力としては、家賃(家も広くてきれいで快適)や物価が安い(学費も他国と比較して安価)ため、例えばゴルフは3000円〜8000円、全身マッサージは1時間2000円ぐらいからあります。当然シンガポールで生活するよりお金が貯まりますし、時間も自由です。そんなマレーシアの空気感が心身をリラックスしてくれるため健康的です。食事については、シンガポールの華やかさ(高級感)や選択肢がありませんので、家で食事することが増え規則正しい生活が送れます。シンガポールで生活するより人間らしい(簡単に言えば田舎暮らし)なので、うちはその分家族の絆も団結している感じで、幸福度(個人差はあるかと思います)が高くなったと思っています。また優秀なInternational Schoolも充実しているため、子供にあった教育を受けさせることが出来ると思います。 

    さて、Royce Properties Management社とは、引っ越しの際に内見などを依頼させてもらい藤原さんと出会うことが出来ました。少し彼女を紹介させていただきたいのですが、完全ローカル会社なのでローカルの対応にも強いですし、日本語対応してくれますので公私に渡って相談が可能でございます。先日、友人宅で「この1年、2階の部屋でNETが使えないから不便なんだよ、どうしたいいかな」と友人から相談を受けた際も、藤原さんがすぐに業者を手配してくれました。彼女は現地の方とご結婚されており、また小さいお子さんもいらっしゃるので幼稚園のことなども相談させてもらったりして、とても助かっております。ジョホールバルには彼女がいれば安心して移住出来るのでぜひ一度相談してみてください