現地情報 

お問い合わせ

    ジョホールバル エリア紹介

    クアラルンプールに次ぐマレーシア第2の都市であるジョホールバルは、シンガポールとの関わりの深いとてもユニークな都市です。その将来の成長は、世界中の投資家から大きな注目を集めています。この地域には、多くの宮殿、寺院、自然保護区、テーマパークがあります。シンガポールの大都市を簡単に訪れることができる場所にありながら、不動産価格はシンガポールの約10分の1であり、首都クアラルンプールの約半分から3分の2程度です。

    近年、コンドミニアムが次々と建設・完成しており、プール、サウナ、ジムを備えた高級物件を東京の2〜3分の1の価格で購入・賃貸することが可能です。たとえば、ジョホールの西側にあるプテリハーバーには、美しいヨットハーバーと豪華な海の見えるコンドミニアムが並ぶ素晴らしい街があります。マールボロカレッジなどの一流インターナショナルスクールの近くで、テナントの稼働率、レストラン、スーパーマーケットが増加しています。近くのフェリーターミナルから、インドネシアのリゾートバタム島に簡単に行くことも可能です。

    日常生活の面では、イケア、トッペンショッピングセンター、パラダイムモール、R&Fモール、ミッドバリーサウスキー、サンウェイビッグボックスなど多くの大型ショッピングモールが過去5年間で次々と完成しました。また、ジョホールバルには「リトルジャパン」としても知られる「モレック」という地区があります。このエリアには、日本人通訳が常駐するクリニック、日本食材店、日本食レストランがあります。 2019年からは人気のあるファミリーマートが登場し、人気のコンビニエンスストアとなっています。

    ジョホールバル中心地区

    ジョホールとシンガポールを結ぶコーズウェイのあるエリア。ショッピングモール、銀行、ローカルのお 店が集まり便利だが、通勤時間帯はシンガポールへ行き来する車で渋滞している。近代的なコンドミニア ムと昔からの古い町並みが混在しているところが面白い。

    イスカンダル・プテリ地区

    西側の湾岸に位置し、海沿いにシービューの新しいコンドミニアムが立ち並ぶ高級住宅エリア。きれいな ヨットハーバーが整えられており、シンガポールの「One °15MARINA」によるクラブハウスも建設が進行 中。名門インターナショナルスクールに近いため、居住者はハイクラスな外国人の割合が高い。シンガポ ールへ渡る第二リンクまで、車で約 15 分ほど。

    メディニ地区

    海外企業や教育機関、病院などを積極的に誘致している経済特区。政府が指定する 6 つの業種に当てはま れば 10 年間の免税が適応されるので、日系企業も近年進出してきている。また、この地区にある物件は外 国人の不動産購入規制価格(100 万リンギット以上)が適応されないので、安く物件を購入することが可 能。ゆっくりとしたペースで開発が進んでおり、現在はまだ空き地が目立つ。

    ブキインダ地区

    ローカルが多く住んでいる生活に便利なエリア。大型スーパー、銀行、マッサージ店、ローカルの美味し いレストランが多くある。イーオン周辺にコンドミニアムが多く、徒歩で買い物へ行くことも可能。

    モレック地区

    日本人駐在員やロングステイヤーが多く住むエリア。初めての海外生活が心配な方も、日本食レストラン、 日本語の通じるクリニック、日本食材店やパン屋、日本人コミュニティの存在があるので安心して暮らせ る。ローカルフード、カフェ、美容室、銀行も大変充実している。ポンデロッサ・ゴルフ場では日本人プ ロによるゴルフレッスンも受けられる。JB で一番大きなイーオン・テブラウ支店、IKEA、SOGO へは車で 10~15 分ほど。

    セニボン・マサイ地区

    東側に位置し、昔からローカルが多く住む地域。以前はパシルグダンにある工場に勤める日本人ファミリ ーが多く住んでいたが、現在はモレックに移動傾向がある。セニボンコーブにはヨットハーバーが作られ ており、海沿いのレストランは夕方~夜にかけてにぎわっている。