現地情報 

お問い合わせ

    日本人に人気No.1の移住先「マレーシア」

    マレーシアは日本人の海外移住先として、ハワイやオーストラリアよりも人気があるのをご存知でしょう か。近年はロングステイ移住だけでなく、不動産投資やお子様の教育移住の人気も高まっています。

    不動産投資、留学、ロングステイ、目的は様々ですが、視察にいらっしゃったお客様はいつも「思ってい たより暑くないですね」と驚かれます。マレーシアは熱帯地域にあり 1 年を通して温暖気候ですが、朝夕 は 25 度ぐらい、日中は平均 30 度前後で、日本のように 40 度近くになることはほぼ無く大変過ごしやすい のです。

    マレーシア国民は、過半数のマレー系、次いで中華系、尐数派のインド系の 3 つの民族で構成されており、 それぞれの宗教や伝統を守りながら、お互いに尊重しあって暮らしています。そのため、マレーシアに住 んでいると行事イベントや食事の面で様々な異文化が体験できます。

    また、物価が安いアジアの国というイメージからマレーシアの生活環境を心配される方も多くいらっしゃ いますが、実際に視察をされた方からは「想像より近代的で安心しました」という感想を頂きます。マレ ーシアは東南アジアではシンガポールに次いで、生活インフラがしっかりしており、物価はシンガポール や東京の約半分~3 分の 2 という大変住みやすい国です。

    文化

    様々な文化、ライフスタイル、食事、アートが体験でき、リアルなアジアが味わえる。

    マレーシアが「Truly Asia」と呼ばれる理由はその特有の文化にあります。マレー人、華人、インド人、さらにはイギリスによる植民地時代にルーツを持つマレーシアは、多種他民族が平和に暮らすことができており、他にはない穏やかな「人種のるつぼ」が存在しています。街にはリトルインディアやチャイナタウンと言われるストリートがあり、コロニアル調の建築を目にしたり、想像を掻き立てられるようなモスクを写真におさめたり、マレーシアのアイコニックな超高層ビルを訪れることができます。

    言語

    公用語はマレー語だが、英語が広く使われていて非常に生活しやすい。

    マレーシア人は全体的に穏やかでフレンドリーな性格をしており、英語でのコミュニケーションにも慣れているため、「外国人」として特別扱いをされることもなく、現地生活に馴染み易いです。マレーシア人にマレーシアでの習慣、行事や文化について質問をすると、喜んで教えてくれることでしょう。

    安定性

    政治が安定し、治安と自然災害のリスクが低い。

    3つのエスニックグループで構成された国だからこそ、異文化を尊重し受け入れる姿勢が定着し、国民はマレーシア人であることに強い誇りを持っています。これらは国の政治を安定させ、経済活動にもプラスに働いています。また、マレーシアには自然災害もなく一年を通して気候の変化も少ないので、穏やかな生活を送ることが可能です。

    経済成長

    活気に満ちた新興国

    何十年にも渡る産業成長と政治的な安定の成果により、マレーシアでは安定したGDP成長が続き、シンガポールに次いで、東南アジアの優等生と呼ばれています。

    生活費

    日本やシンガポールと比較をすると約1/2~1/3の生活コスト

    物価の違いを利用すれば、娯楽、食事、不動産などのコストが低いマレーシアではより充実した生活を送ることが可能になります。例えば、モノにもよりますが、平均的な物価は日本と比較をすると2/3~半額程度です。

    外食天国

    旅行者が試すためのさまざまな非常に興味深い食べ物!

    中華系、マレー系、インド系のそれぞれの料理と、異なる文化が混ざり合ってできた料理すべてがマレーシア料理です。バリエーションが豊富なため、冒険好きの人にピッタリです。ぜひお気に入りを見つけてください!